TOP>慢性連日性頭痛
 慢性連日性頭痛


最近、慢性連日性頭痛(chronic dailyheadache)といった呼称がみられますが、 これは独立病名ではなく、文字通り毎日、あるいはほぼ毎日頭痛が続く状態を示す用語にすぎません。

慢性連日性頭痛を示す疾患として、 @transformed migraine、Achronictensiontypeheadache、Bnew dailypersistentheadache、Chemicraniacontinua の4種があげられています。BとCはまれで、かつ疾患概念が不明確で、現状で広く認められているとはいえないのでここでは触れないことにします。

transformed migraineは、通常の片頭痛が加齢とともに頭痛の頻度が増えた状態のことを示します。 その変化が薬物の影響に墓づくかどうかは別なので、薬物性頭痛との鑑別は困難です。しかしtransformed migraineは、 頻度が増えたとしても病歴をよく聴取すると発作型の出現様式であることは簡単に把握できます。 2003年の国際頭痛学会以後,chronic migraineの呼称になる予定です。

chronictensiontypeheadacheは、発作性ではない痛みが持続することから比較的容易に診断可能です。
ここで注意しておかなければならない点として、米国では、かつてchronicdailyheadacheは、chronictensiontypeheadacheと同義語として使われていた経緯がありました。 このために、transformed migraineがしばしば緊張型頭痛と誤診されやすい根源になっているものと考えられます。



 
© Copyright 片頭痛との上手な付き合い方 All rights reserved.