頭痛を訴える人は多く、その頭痛が片頭痛であるかどうか,大まかに見当をつけることは重要です。
初期の段階で間違えたり、先入観に陥ったりした場合、診断が誤った方向へいってしまうからです。
あまり詳細な問診は重箱の隅をつつくだけですので、のちに詳細な点は再確認することにしてよいですが、
大まかに片頭痛の可能性があるかどうか探ることが大切です。

  
 
+-+ 予備知識 +-+

慢性連日性頭痛
混合型頭痛

 
 
 
© Copyright 片頭痛との上手な付き合い方 All rights reserved.